鬼ごっこやスポーツ鬼ごっこを通じて、次世代を担う子供たちの育成や、地域の活性化、日本文化の伝承、スポーツの振興、国際貢献を目的として、子どもから大人まで鬼ごっこの魅力を伝えていく指導員・審判員を育成していくための民間資格(鬼ごっこ協会認定)となっています
スポーツ鬼ごっこの公式ルールから指導方法、審判方法を、各級ごとに学んでいただきます。ぜひ、ライセンスをご取得いただいてスポーツ鬼ごっこや鬼ごっこを多世代、多くの地域に一緒に広げていく仲間となりませんか。

スポーツ鬼ごっこの公認指導員・審判員ライセンス制度における研修会では、各級に合わせたことを体系的に学ぶことができます。ライセンス取得を希望される方の希望に合わせて、各級の取得をぜひ目指して下さい。

<学べる3ポイント>
① 指導員・審判員としての心構えの体得
② 指導員・審判員の技能の習得
③ 指導員・審判員として必要な知識の修得

 
 
 

IOA公認キッズリーダー

(U-9(9歳以下、就学児以上)が対象)


・U-9世代のスポーツ鬼ごっこを推進するリーダーとなる。
・スポーツ鬼ごっこの意義、目的、公式ルールの基本的知識を有している。
・スポーツ鬼ごっこの公式大会・イベントで公認審判員として「副審」を行うことができる。(例:全国大会、都道府県選抜大会・ONIリーグ等)
・スポーツ鬼ごっこの公式ルールを理解し、小規模の試合運営をすることができる。
・鬼ごっこ協会の定める「リスペクトのこころ」を理解して、推進している。

ワッペン


IOA公認準3級ライセンス指導員・審判員

(U-12(12歳以下、10歳以上)が対象)


・U-12世代にスポーツ鬼ごっこを推進するリーダーとなる。
・スポーツ鬼ごっこの意義、目的、公式ルールの基本的知識を有している。
・スポーツ鬼ごっこの公式大会・イベントで公認審判員として「副審」を行うことができる。(例:全国大会、都道府県選抜大会・ONIリーグ等)
・スポーツ鬼ごっこの公式ルールを理解し、小規模の試合運営をすることができる。
・鬼ごっこ協会の定める「リスペクトのこころ」を理解して、推進している。

ワッペン


IOA公認3級ライセンス指導員・審判員

(13歳以上が対象)


・スポーツ鬼ごっこの意義、目的、公式ルールの基本的知識を有している。
・スポーツ鬼ごっこの公式大会・イベントで公認審判員として「副審」を行うことができる。(例:全国大会、都道府県選抜大会・ONIリーグ等)
・スポーツ鬼ごっこの公式ルールを理解し、小規模(数人~50名程度)の試合運営(主審・副審)をすることができる。
・鬼ごっこ協会の定める「リスペクトのこころ」を理解して、推進している。

ワッペン


IOA公認2級ライセンス指導員・審判員


・各種団体や地域社会において、スポーツ鬼ごっこの主導的な立場でリーダーシップを取ることができる技能や心構えを体得している。
・スポーツ鬼ごっこの公式大会・イベントで公認審判員として「主審」を行うことができる。(例:全国大会、都道府県選抜大会・ONIリーグ等)
・数十種類の鬼ごっこ(スポーツ鬼ごっこ以外も含む)を目的や用途に合わせて活用するできる技能を有している。
・スポーツ鬼ごっこの中規模程度の大会・イベント・体験会・クラブ活動等の公認指導員・審判員として活動することができる。

ワッペン


IOA公認1級ライセンス指導員


現在、内容検討中です。2018年度開催予定。

IOA公認1級ライセンス審判員


現在、内容検討中です。


IOA公認Sライセンス指導員


現在、開催予定はありません。

IOA公認S級ライセンス審判員


現在、開催予定はありません。


① 初めての方

・公認ライセンス研修会をご受講ください。
・東京での定期開催については、下記をクリックして詳細をご覧ください。
・東京で定期開催している研修会に遠方などの理由で参加できない方は、一定数の受講者人数が確保できましたら、一定の条件のもとで講師が現地まで出張してライセンス研修会を行うことができます。
2~3か月に1程度の定期開催となっております。
※3級ライセンス研修会(東京定期開催)のお申し込みはこちら


② スキルを高めたい方

スキルアップ研修会をご受講ください。参加はライセンス保持の有無は問いません。
※スキルアップ研修会のお申し込みはこちら


③ ハイレベルな審判員・指導員の方

ナショナルトレーニングセンターでは、選手・指導員・審判員のそれぞれの立場の方々が、技能や心身ともに向上するために行います。各地域連盟や愛好会などから選抜された方々が参加をすることができます。
※ナショナルトレセンについて

定期開催されているライセンス研修会(3級、準3級、キッズリーダーに限る)に参加が難しい場合は、出張での研修会の開催を行うことができます。
※詳しくはこちらのリンク先のページをご覧ください。

・学校教諭(小学校・中学校・高校・大学)
・幼稚園教諭、保育士、学童保育職員、児童館職員
・各種スポーツクラブの指導者
・地域活動を行う団体の方
・民間企業、公的機関の方
・主婦(児童の保護者など)
・学生(大学院生、大学生、専門学生、高校生、中学生)
など

スポーツ鬼ごっこ公認指導員・審判員ライセンスをご取得された方は、以下のような環境でご活躍をされています。学校教育、スポーツクラブ、地域イベント、学童保育や児童館、青年会議所、国際交流、保育園・幼稚園、企業研修、大学教育などです。

 「スポーツ鬼ごっこ」の競技としてのビジョンや目的、また「鬼ごっこ」の歴史的背景や意義を、学んでいただいた方々へ普及を担う指導員としてご活躍をいただきたいと考えておりますため、導入をされる場合は必ず『ライセンス』をご取得頂いております。
※イベント・大会の企画運営を、当協会で行っていただきたいというご依頼にも対応させていただきております。その場合は、ライセンス取得は必要はない場合があります。

「スポーツ鬼ごっこ」は、(一社)鬼ごっこ協会において特許庁より商標登録(登録第5636396号)を取得しております。営利活動、非営利活動、公共活動を問わず、「スポーツ鬼ごっこ」のご活用をご検討いただけましたら、事前に弊社までお問い合わせください。鬼ごっこ全般(「スポーツ鬼ごっこ」を含まない)については、この限りではありません。

公認指導員・審判員ライセンスは、年間ごとの更新制となっております。

<更新費>
キッズリーダー:1,000円
準3級ライセンス:1,000円
3級ライセンス:2,000円
2級ライセンス:7,000円

※年間更新の例
・例えば、更新は2015年の場合は2015年1月~2015年12月となり、2016年4月頃にライセンス保持者の方へ更新書類をご送付させて頂きます。2016年1月以降の方は2017年4月の更新となります。