① 誰もが世代を超えて知っていて、楽しむことができる。
 
② リアルに触れ合うことでコミュニケーションが促進される。
 
③ 道具も少なく場所も選ばずに気軽に行うことができる。
 
④ 地域や言語、性別、年齢、国籍などの違いを超えて、気軽に交流することができる。
 
⑤ 日本の鬼ごっこ独自の「鬼」「親」「子」の3すくみの文化的背景がある。
  →詳しくはこちらへ

 

 
鬼ごっこ協会オリジナルの「スポーツ鬼ごっこ」や日本最古の鬼ごっこ「ことろことろ」を始めとして、伝承的な鬼ごっこ(かくれんぼ、だるまさんが転んだ等)や現代に流行っている鬼ごっこ(バナナ鬼やどろけい等)まで、幅広く様々な鬼ごっこの普及活動を行っております。鬼ごっこは、諸説ありますが細かな分類をしていくと3,000種類程度あると言われております。