羽崎 泰男
(はざき やすお)

一般社団法人鬼ごっこ協会 代表理事
城西国際大学 福祉総合学部 兼任講師


<プロフィール>
こどもの城では現場の統括。赤ちゃんの凄さ、母親の可愛らしさを肌で感じながら幅広く健康と運動の研究・実技指導を実施。NHKの教育番組「イチジョウマンの師匠」としてからだあそびを通した父親と子どもの触れ合いをいち早く世に送り出し、「ゴムだんおじさん」「手ぬぐいおじさん」としては子どもに負けない団塊の世代の明るく元気な姿を披露し、人気を得る。
<略歴>
昭和48年:日本体育大学卒業
昭和49年:都立小石川工業高校教諭
昭和52年:ペンシルバニア州立大学大学院修士課程、スポーツ文化(体育史)MS修得後 カナダ、イギリスで研究活動、特にオリンピック史やカナダ、アメリカの日系移民とスポーツの研究
昭和59年:国立総合児童センター「こどもの城」に勤務、体育事業部長、企画研修部長を兼務
平成17年:同事業本部長
平成22年:城西国際大学福祉総合学部教授
平成27年〜現在:厚生労働省 社会保障審議会児童部会「遊びのプログラム等に関する専門委員会」委員
NHKプロモーション講演会講師に就任:https://www.nhk-p.co.jp/kikaku/kouen/hazaki_yasuo.html


<著書>
「まるごと鬼ごっこ」いかだ社
「鬼ごっこを楽しむ」いかだ社
「鬼ごっこはスポーツだ」いかだ社
「鬼ごっこ」日本小児医事出版
「スポーツ遊びで健康づくり」中央法規出版
「スナック体操」ベースボールマガジン者
「からだあそび」合同出版
 他「たまごクラブ」「ひよこクラブ」
  「こっこクラブ」指導、監修


羽崎 貴雄
(はざき たかお)

一般社団法人鬼ごっこ協会 理事
  (公認S級ライセンス指導員・審判員)
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 理事長
株式会社アミカ企画 代表取締役社長



1983年京都府生まれ。2006年青山学院大学経済部卒業。俳優、舞台・映画プロデュース活動中の2007年(株)アミカ企画を設立、代表取締役社長に。地域に密着した映画や舞台、イベントプロデュース事業を行う。2010年(一社)鬼ごっこ協会設立、理事に就任、事業統括を担当。2014年国際スポーツ鬼ごっこ連盟設立、理事長に就任。日本全国各地での行政、学校、企業、NPOなどに向けた鬼ごっこに関する研修会、講演会などを実施している。現在は、鬼ごっこ協会やスポーツ鬼ごっこの国際展開に向けて力を入れて活動している。
<資格>
保育士
<著書>
鬼ごっこ協会公式BOOK「まるごと鬼ごっこ」いかだ社
「鬼ごっこを楽しむ」いかだ社
「鬼ごっこはスポーツだ」いかだ社


平峯 佑志
(ひらみね ゆうし)

一般社団法人鬼ごっこ協会
  (公認S級ライセンス指導員・審判員)
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 事務局長



1985年鹿児島県生まれ。日本大学法学部卒。大学在学中に鬼ごっこに出会い、2010年6月の鬼ごっこ協会の設立前より活動に参画。事務方の責任者として「スポーツ鬼ごっこ」の普及のための営業活動、広報活動、イベントの企画やプロデュースを行う。多数の行政、企業、大学、小中高、幼稚園、NPO等に向けた、プログラム指導や研修会、講演会の活動を、日本全国で行っている。他には、スポーツ鬼ごっこや鬼ごっこの取組について多角的に、学術的な調査研究の活動を行っている。
<資格>
保育士
<著書>
鬼ごっこ協会公式BOOK「まるごと鬼ごっこ」いかだ社
「鬼ごっこを楽しむ」いかだ社
「鬼ごっこはスポーツだ」いかだ社


森下 貴司
(もりした たかし)

一般社団法人鬼ごっこ協会
  (公認S級ライセンス指導員・審判員)
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 審判部長


日本体育大学卒業。大学卒業後は、会社員を経験した後に、自身で会社を立ち上げ子役俳優のマネジメント業務を経験し、子ども達と接する仕事の楽しさ、可能性を知る。保育園などでの幼児に向けた運動指導を積極的に行っている。大人を対象にして鬼ごっこを通じた、楽しい交流の場づくりを行っている。
一般社団法人鬼ごっこ協会では、鬼ごっこやスポーツ鬼ごっこの講師として日本全国各地の小学生や幼児のための指導や教育、まちづくりを目的とした大会・イベントの講師などに尽力している。国際スポーツ鬼ごっこ連盟では、審判部長として、日本全国のIOA公認審判員の指導や育成を行っている。


松尾 泰範
(まつお やすのり)

一般社団法人鬼ごっこ協会
  (公認2級ライセンス指導員・審判員)
国際スポーツ鬼ごっこ連盟 国際部


東京大学大学院新領域創成科学研究科卒業(修士)。東京大学大学院では昆虫学を専攻し、富士山にて「ゴミムシダマシ」の研究を行う。大学院卒業後は旅行会社に勤務し海外添乗員として世界各国を巡る。現在は、医療系人材会社勤務。北米、欧州、アジア、アフリカなど約50か国を海外旅行の添乗員の時に訪れた国際経験を生かして、協会では国際部として活動をしている。昆虫学の専門性を生かして、植物学の研究者と共同で「ネイチャー鬼ごっこ」や「自然の宝探し鬼ごっこ」の企画開発を行った経験を持つ。鬼ごっこを活用した環境教育を研究している。スポーツ鬼ごっこの各種大会、各種鬼ごっこのイベントでは公認指導員・審判員(2級ライセンス)として活躍をしている。